タイトル

記事のタイトルの決め方は2つあって本文を書き終わってから書くパターンと
先に読者の気になっていることを調べて記事を書くパターンがあります

 

その時には、下記のルールに沿って書くようにしましょう。

タイトルに必ずキーワードを入れましょう

タイトルにはキーワードを、左から順番に必ず入れましょう!この時、順番が前後しないように注意します。

例:キーワードが「東京 デートスポット」なら、

OK例:「東京のデートスポット厳選5つ!いつ行ってもハズさない穴場を紹介!

NG例:「デートスポットなら東京のここがおすすめ!ハズさない穴場を紹介!」
→キーワードの順番が前後しているので△

(※ただし、どうしても順番通りに入れられない場合は入れ替えても大丈夫です)

 タイトルの文字数は32文字くらいで

原則、32文字までですが、1~2字くらいはオーバーしてもよいので、ギリギリいっぱい使いましょう。28字~33字の間に収まればOKです。

 数字と記号は半角に!

→数字(123など)と記号(!?など)は「半角英数」にしましょう。

 タイトルで結論を言わないように注意

→「んっ?」と気にならせるタイトルがベストです。
できる限り、結論を言ってしまうのはさけましょう。

結論を知ったら、読者はタイトルだけで読むのをやめちゃうので、せっかく頑張って書いた本文が読まれなくなってしまいます。

例:「ほんとに来る?人生でモテ期が3回と言われるのにはワケがあった」

 

例:「背が高い女性と背が低い女性はどっちがモテる?結果は圧倒的に・・・」

 

下記のパターンのうち、どれか1つを真似してみましょう!

・恐怖

例:「知らないと損する!肩こりを完全に解消する5つの方法」

・読者を指定

例:「ズボラなあなた必見!!手入れ不要で一生使える鉄フライパンとは」

・クイズ形式

例:「私って依存体質??つい人に頼ってしまう性格の特徴とは?」

・数字

例:「着回し抜群!絶対に外さない鉄板メンズアイテム5選」

・権威者(=その道のプロ、経験者)の力を借りる。自分(私)を権威者としてもOK

例:「寝坊で人生を失敗した私が勧める寝坊しないためのたった3つの方法」

・自信をもって言い切る

例:「これを買っとけば間違いない!鉄板の滋賀土産7選」

 

・簡単さをアピールする

例:「朝の5分で出来る!!簡単なミディアムヘアアレンジ」

・ストーリーを入れる(●●をやったら、自分に変化がおきた!)

例:「涙袋メイクするようになってから人生初のモテ期がきて感動してるww」

・私という単語を入れる

例:「私を16キロ以上痩せさせた1週間のダイエットレシピ」

※慣れてきたらこのパターンを組み合わせるともっと良くなります!

例:数字とクイズ形式を組み合わせて

「モテる人が無意識のうちにやっている、たった5つの秘訣とは?